sub.png

フリージングウェイブ

・ 前提条件:アイスボルトLv3
・ 使用条件:詠唱状態
Lv123
消費SP222
攻撃力100100100
消費Pow444444
鈍足時間6810

詳しいデータはFEZデータバンクを参照

■特徴
・吹き飛ばし
・鈍足

 吹き飛ばしと鈍足の特殊効果両方を持つ唯一のスキル。術者を中心に当たり半径が円状に広がる範囲攻撃のため、近距離にいる敵には当てやすい。

■射程
・ストスマより1歩短い
・ソニックより1〜3歩(ソニックLv3で3歩)短い
・ドラテと同じ

■職別のウェイブ効果
 ウェイブは発生速度が遅くなり、必要powが多くなったこととで、弱くなったと言われている。またジャベリンが非常に強力なのでサブでジャベリンを取る皿が多くウェイブの一般評価は低いが、実は今でも皿の中では特殊な位置にありウェイブは得がたい効果を持っている。
 特に特定の職業や特定のスキルに対しては抜群に効果がある。敵対する敵によっては殆ど無意味なスキルだが、上手く使えば今でも効果は高い。

短キラー
 フリージングウェイブは、射程が短いスキルしかない短を相手にする時非常に強力。円状に当たり判定が広がるため、殆ど狙わずに当てれるのも強力。多少ハイドを見失っても近寄るしかない短スカでは意外と当たったりする。近づく短やハイドを見つけたらウェイブ範囲内まで着たらウェイブするだけで、吹き飛ばして鈍足。得意の距離に移動し当てやすくなっている所にアイスボルトで鈍足を延長しながらライトニングで圧倒できる。火系も持っているならDoTとアイスボルトで削る方法もある。一緒に味方がいる場合吹き飛ばす向きも考えて吹き飛ばせばほぼキル確定する。
 更にパニも迎撃できるため、パニにウェイブを合わせれば、敵powは殆ど0なのでカウンターも狙いにくく一気に勝負をつけれる。仕様変更でパニの迎撃が難しくなってます(2009/11/17追記)

 ・全短スキルの射程外からウェイブ
 ・吹き飛ばす向きを選んで味方の中心へ
 ・パニも迎撃今は発動を見てからの迎撃は難しくなってます

対片手のウェイブ
 対片手においてもウェイブは強力で、片手の伝家の宝刀バッシュは距離を上手く詰めてこれない限り当てれない。ステップで踏み込んでくるなら逆に着地に上手く合わせれば確定する。しかも吹き飛ばしで距離を取れるので距離をとったら火DoTやアイスボルトなどでコツコツ削れる。近づいてこないなら中級を「pow管理」して定期的に当てていけば、純片手一人だけを相手にする場合自分のミスがなければ殆ど押し返せる。場合によっては鈍足がつくのを生かし、味方と連動で一気にキルも狙える。

対召喚
 フェイブは対召喚能力もかなり高く、特にジャイとキマに対して時間を稼ぐ能力ははピアに次ぐ程度。
 ジャイが砲撃モーションをしたら吹き飛ばしで、砲撃を潰せる。pow消費はジャイの砲撃の方が大きいので、砲撃防止効果は非常に高い。仕様変更により砲撃を潰す効果はほとんど意味がないほど減っています。崖上からの落としたりできればそのまま倒すことも出来る。
 相手をはめれるポイントではキマの場合鈍足と吹き飛ばしでMapによっては完全に防げるケースもある。ただし、基本ウェイブは迎撃ナイトが来るまでの時間稼ぎなので、味方の攻撃が始まったら、吹き飛ばしは逆にしてはいけないので注意

餅つき潰し
 ドラゴンテイル、ベヒモステイル、アーススタンプなどの通称「餅つき」と言われているようなスキルは発生速度が遅い。その為、発生がそれらより速いウェイブで跳んでくるのを撃墜できる。上手くいけば空中で撃墜しダメージなしに吹き飛ばせる。相打ちになる場合もあるが、自分の反応速度が遅れない限り相手から一方的に入れられることは少ない。エンダーがついているヲリも強制吹き飛ばしできるウェイブは迎撃技としては全職中最強と言っていい。笛やセスタス導入で迎撃技が増え大分変化してます。

高い迎撃能力
 「餅つき」と同じ理屈で、パニやヴァイパー、ストスマなども迎撃できる。見てからは殆ど無理だが、射程に入ったら吹き飛ばせるので、たとえ飛んできても迎撃できる程度。逆に言うとウェイブを上手く当てれるなら殆どの状況で敵をヴァイパーやストの射程外に置いて戦える。

ウェイブ空振り
 消費powが大きいので空振りすると痛い。注意点としては、発生は早いが意外と弾速は遅いので避けられることもある。確実に当てる機動とタイミングを合わせるテクニックは必要。この辺は慣れと敵の技量次第。

■ウェイブの取得
 ウェイブはスキルポイントの関係上、火皿はジャベかウェイブの2択になることが多い。そこでウェイブを取るほどウェイブが優位かというとジャベが非常に強力なためそこまで有利ではない。ジャベは命中がほぼ完全に個人技に依存するので、腕によって効果が大きく変わるが、ルートは非常に強力で当てれるならジャベだけ撃っていてもいい位には効果がある。火皿の弱体化と氷皿の増加、ジャベリンのルート時間減少などでこの問題はあまり一般的ではなくなっています。

■吹き飛ばし能力
 ウェイブはサンボル程使い勝手は良くないが、吹き飛ばしを利用した技が使える。効果があるのは高低差や崖のあるマップ。

 簡単な具体例としてアークで解説
アークMap.jpg
 例えばアークではD2やE7のクリスタル付近での戦闘が激しくなるが、D2で落とした場合、G2まで迂回して戻らないいけないため、移動距離はキプからよりも長く、移動時間は死に戻りと殆ど同じくらいかかる。その間戦場には一人減らすことが出来る。もしD2で吹き飛ばしてD3の崖下へ転落させることが出来れば、killダメージこそ入らないものの戦場においては殆ど1killに近いような効果。
 特に領域が確定する前の初期においてはどこまでオベを立ててどこにATで防御網を作るかが非常に大事なので、敵を追い払う意味は高い。アーク以外でもダガーや渦巻き、隕石跡、棚田、始まり、ゴブフォ、旧キンカ型、新キンカなど3分の2程度のマップではクリティカルな効果が期待できる場所が数箇所はある。

■吹き飛ばしと壁
 完全封鎖が出来ない場所でも防衛に壁を作る時があるが、自分が壁を作るなら崖下に吹き飛ばせる場所を通れるようにして壁を作ると、壁の脇から進入してきた敵を吹き飛ばしで下に落としているだけで相当時間が稼げる。ピアやサンボル等の方が近づかないで良い分難易度も低いかもしれないが、ウェイブは落とした後10秒も鈍足がつくので移動時間を長くして敵を長く遊ばせる意味では高い効果が期待できる。

■吹き飛ばしと橋
 ここまでの話を見てれば分かると思うけど、橋で短スカや片手と対峙した場合、下に吹き飛ばすのはそれほど難しくはない。両手も突っ込んできたタイミングに吹き飛ばしでそれなりに落とせる。皿弓は遠距離で来るため落としにくいが、ステップ皿のやり方で、ダメージ覚悟で敵陣へステップして転倒。起き上がりに敵の中でウェイブで2,3人落ちて一気に優勢という感じも出来る。ステップして転倒しないと逆に危なくて、バッシュやスマ、短のレッグが発生が速いのでウェイブより先に決まりのけぞりってる間に死ぬこともある。敵の数が死なない程度でHPに余裕があり味方のサポートが期待できる状況で使うのが重要。

■仕留める鈍足
 ウェイブは基本的には防御やカウンター向きのスキルで積極的に当てに行くスキルではないが、状況によってはウェイブは非常に攻撃的になる。
 味方が多数で敵を追撃している場合、あえてウェイブで鈍足をいれ、転倒している間に距離をつめ味方で取り囲んで仕留める。この方法は対ねずみなどでは非常に手堅い。皿ではヴァイパーや「ストスマ逃げ」をされると追撃できないため、ボルトを2回も3回も外すと逃げられる可能性がある。そこで、ウェイブで鈍足を確定し、吹き飛ばしで取り囲めば仕留める率が上がる。
 これは相手が警戒していると本来上手くいかない方法論だが、逃げているヲリやスカからすると、ヲリと皿で囲まれてる時、ヲリのほうに逃げるか皿の方に逃げるかどちらかなら、確実に皿の方に逃げる。ヲリは距離を詰められると即死の可能性もあるが、皿は距離を詰めた方が逆に上手く避けれる可能性が高い。そこで皿の方に飛び込んでくるのを利用してウェイブを入れる。

■ウェイブが有利に戦える領域
 ここまでの流れではウェイブが結構使えるのであえてうウェイブ射程圏に入れて戦うということも一瞬頭をよぎるかもしれない。しかし、ウェイブは近接攻撃としての能力はむしろ低く、中近距離において最も能力を発揮する。必要以上に近づくとあっという間にヲリの支配領域になるため当てることも基本的にはリスクを伴う。さらに吹き飛ばし効果は無敵時間を作る為味方の攻撃を潰しやすく嫌われる。
 ウェイブの発生速度はバッシュや、スマッシュ、パワブレ、レッグブレイクなどより遅く、射程内に入ってしまった場合はかなり不利。ヲリと対峙している時は基本的にヘビスマと同じ発生速度になるのでヘビスマすら条件はイーブンと言える。
 但し若干ウェイブのほうが射程が長い。そこでウェイブを使う時も、ウェイブのみが届く射程範囲で戦えば有利に戦える。ウェイブより速いスキルの射程が大体90程度でウェイブの射程が180。つまり100〜180の間で戦えばウェイブが有利になる。そこを生かす。

この辺りは敵も対策を練ってくるので、「対ウェイブステップ」あたりに詳しく書いた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2008.10.24
| Comment(0) | TrackBack(0) | ソーサラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック