sub.png

キルレンジ

■キルレンジ

敵HPの範囲と射程の範囲
 敵をキルできるレンジを意識する。例えば、射程が届かない所の敵は瀕死でも攻撃できない。また敵をキルできる敵HPの範囲がある。ヲリならばダメージ300程度をヘビスマで入れれるので敵がHP300程度で射程内にいればキルを狙える。従って自分の射程付近のHPが300程度以下の敵は自分のキルできる範囲に入っている。スカの場合は射程は長いがダメージ100程度を入れる攻撃が多いので狙える敵HPのレンジは少ない。しかし、本質的には射程があるのでスカや皿がキルが取れない理由にはなっていない。その辺は後述する。

キルレンジ内の敵
 射程が長いクラスは威力が弱くなる傾向にある。射程が長いクラスは基本的に威力が弱いので味方の火力クラスが射程に収めている敵を狙うより自分のキルレンジの敵を狙う方が有効になる。ただし、狙っている敵のHPが100程度ならスカでもサラでも当てればキルが取れるわけで、ヲリに譲る意味は特にないので狙えばいい。「オーバーキル」やキャラの移動と言う観点からもどちらが倒しても特に差はないと思われる。

range.png
イメージ図1

■キルレンジと立ち位置

スカではキルが取れない?
 一般的にはキルレンジの意識はヲリよりサラやスカで重要。例えば、ヲリよりスカの方が射程が長くキルレンジも長いので逃げていく瀕死の敵をキルできる区間は長い。しかし、実際の戦争ではキルを取れるスカはかなり少ない。これは立ち位置とキルレンジの問題がある。

 実際の問題はスカの射程がキルレンジとしては使われない事。前線では敵と味方でラインを作る事が多い。その時イメージ図2のような立ち居地で配置する事が多くスカや皿が本来持っている射程がキルレンジなっていない。

killrange.png
イメージ図2

 これではヲリをやった方がキルの威力がある分レンジが短くても有効になってしまう。射程が長くてもヲリと同じようなラインに立って始めて長いキルレンジを持てることができる。

■スカが前に出れる話は意見が分かれる
 スカが前に出ると言う話は、一部では前に出る事ができないという意見もあるので、明確にどちらが正しいのかは分からない。ので以下は個人的な見解。

スカの耐久力では前に出れないのか?
 この話をする場合スカの耐久力では前に出れないと言う問題が常に提起されるので、明確にはどちらが正しいのかは分からないが、個人的な感覚ではスカは前に出れると思っている。
 理由としては、まず、基本耐性は皿の方が低い。しかし皿は射程がそれ程長くないので必然的に前に出る。実際に前に出て隙が大きいヘルなどを撃っているが皿だけ致死率が高いわけではない。またスカはヲリや皿程前に接近しなくても一定の効果がある。その為被弾を減らしやすい。さらに実際ダメージ計算をみるとスカは敵皿からの被弾は片手以外では一番ダメージが少ない(下を参照)。このため敵皿レンジで戦うのはかなり優位なクラスである。

ファイアランスを当てるそれぞれのケースをダメージ計算機より
攻撃力100の皿が耐性144の両手に攻撃した場合
LV3 攻撃力200 ダメージ140 ( 124 〜 157 ) + 108 248

攻撃力100の皿が耐性100の皿に攻撃した場合
LV3 攻撃力200 ダメージ150 ( 132 〜 168 ) + 108 258

攻撃力100の皿が耐性112のスカに攻撃した場合
LV3 攻撃力200 ダメージ129 ( 114 〜 145 ) + 108 237

 つまり、敵ヲリの射程外で敵皿の射程内という実際に起きる前線の射程関係で戦う分には密かに耐久力が結構ある。単に、ヲリに捕まった時の致死率が高いだけであって、その辺は、装甲が薄く接近の必要がある両手など比べても、必ずしも不利とは言えないと考えている。

スカが前に出る為の条件
 但し、スカが前に出る前提条件として想定しているのは、スキが大きいスキルを使うときは皿がヘルファイアを使うように注意をする事。不用意に硬直を作らない。スカは後方からでも打てるため前に出て不用意に硬直し安い。敵ヲリ前でレインとか撃ったら当然死ぬ。特にレインは皿の大魔法や、スパーク、ヲリのヘビスマやクランブル並に硬直する。それらを撃つような注意を払わないと前に出てレインは撃てない。前に出る時は、レインではない違うスキの少ないスキルをメインに使う。ピアとレイン以外を撃つ分にはスカのスキルはパワーシュートでさえ、どの魔法よりも隙が少ない

レイン弾幕は前でできるか?
 自分の個人的見解では、大魔法のように硬直が出来るスキルを連発して弾幕を作るわけで、当然レインで弾幕を作る場合はそんなに前に出てやったら直ぐ死んでしまう。レイン弾幕を作ると言う話をする時ではそんなに前に出ない方が無難だと思う。そもそも弾幕の作り方というのは意外と方法論が確立されていない。余程上手い人がフィーリングでやっているもので、明文化されていないと思われる。自分も明確な方法論を知らない。



このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2009.01.09
| Comment(3) | TrackBack(0) | 全職一般
この記事へのコメント
>ただし、狙っている敵のHPが100程度ならスカでもサラでも当てればキルが取れるわけで、ヲリに譲る意味は特にないので狙えばいい。「オーバーキル」やキャラの移動と言う観点からもどちらが倒しても特に差はないと思われる。


明らかな戦力差がない限りヲリのキルレンジならヲリに譲るべきだと思う。
ヲリが一番低pwかつ確実で次へ繋ぎ易い。
オーバーキルはないがpwは有限だし硬直もある。

逆に言うと皿スカはヲリが食ってる間にフォローに来る敵を狙うべき。
それこそ押し時だし稼ぎ時だ。
もしヲリがキル取りこぼしても取れるしね。

上手い人やランカーとそうでない人との差はそこで出ると思う。
またそれが出来てる陣営ほど歩兵勝ち出きるしそれこそが連携だと思う。

ぶっちゃけキルなんてその人でしか取れないキル以外はそれほど評価できるものでもない。
評価するべきはキルまでにある過程だと思います。
Posted by おせっかい at 2009.01.09 08:39
 その辺りは深く言及しませんでしたが、色々加味すると、それこそ誰でもキルできる状況なら誰がとっても大差はないと考えています。ただ、キルを取れないのは問題があるので、逃がしてしまうなら誰でもいいからキルを取るべきだと考えてます。
 キルに関しては少し考えが違うので別の項目で追記するかもしれませんが、今の所は未定です。

Posted by fezノート at 2009.01.09 12:40
最近この関連の話を少し書いておきましたので、一応書いておきます。

FEZ ノート: 濱口ヘル対策
http://fantasyearth.seesaa.net/article/112927395.html
FEZ ノート: オーバーキル
http://fantasyearth.seesaa.net/article/112925994.html

 ポイントはヲリの攻撃が位置を犠牲にしていていること。その戦場において味方が優勢などの特定の状況以外では他のクラスより攻撃リスクが高いという点です。
 有利という場合でヲリの攻撃効率に若干のメリットがある程度なので総合的にみると、キルレンジなら誰がキルしても大差なくなるといっていいと思います。
Posted by fezノート at 2009.01.21 06:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。