sub.png

濱口ヘル対策

■濱口ヘルが起きる状況
 濱口ヘルは基本的にスタンや氷に群がる一群を対象にしている。つまり、スタンや氷の敵への攻め方を工夫する事が濱口ヘル対策になる。

■誰が被弾に注意しなければいけないか
 「濱口ヘル」に被弾するのはほとんどの場合ヲリになる。ヲリは射程が短い為スタンに攻撃時に密集しやすく、濱口ヘルのターゲットにされやすい。ヲリは攻撃する時に硬直するだけでなく位置も犠牲にしてしまう。その為、射程のないヲリは注意が必要。

■スタンには混成攻撃を意識する
 スタンした敵には皿とヲリがある程度混じって攻撃した方がカウンターの被害が減らせる。同じ二人でスタンを攻撃する場合でも、両手ヲリが二人で攻撃すれば「濱口ヘル」で二人被弾する確率がかなり高いが、火皿と両手でスタンに攻撃した場合、被弾するのがどちらか独りですむ確率が高い。
 また、攻撃の相性としてもヘルだけ等よりいい。ヘル*2の場合DoTダメージが重複し効果が相殺されるが、二つ種類が違うと瞬間火力のヘビとDoTのヘルで殺し切れなくても逃げるのが難しく出来る。火力がない場合は基本的にヘビ*2でもいいが、ヲリは射程がない分、敵が攻撃しやすく敵に硬直を捕らられるのが問題になる。

■瀕死スタンにヲリが群がる問題点
 瀕死スタンに群がる場合は更に別の注意点が必要になる。ヲリが群がると距離が近いので、「濱口ヘル」の命中確率が上がる。またスタンしている相手が瀕死の場合、必要以上にヲリが群がってもキルは1キルしか取れず、「オーバーキル」になりやすい。キルした後に空振りしたり被ったり、移動の為のストスマなどで無駄にpwを消費するだけになる場合も多い。この上さらにヘルももらってしまっていい事がない。

・濱口ヘルの被害が大きい
・オーバーキルになりやすい
・ヲリは位置を犠牲にしている

 逆に一撃でキルできるならフォースを打つ程度で止めるとか、味方の遠距離火力に期待する方が確実性が高くなる。特に両手の人は自分の位置が犠牲になっているという点を見逃しがちで、結果として「罠バッシュ」に飛びついて自滅してしまうケースがかなりある。こういう場合キルを取れるなら遠距離職が先にキルをとってあげた方が初心者の両手ヲリが飛びついて死ぬのを防ぎやすい。

■瀕死スタンへの効果的な配分
 瀕死スタンへ攻撃する時の立ち位置の比較。スタンした敵が瀕死の場合大量に群がる必要性はなく、スタンした敵以外へ人数を配分した方が有利になる。ヲリが全員群がるより(イメージ図1参照)、逆に「濱口ヘル」を狙う敵を探し視線を向ける事で被害を減らし、場合によってはカウンターで「濱口ヘル」にストスマスマを入れたりも出来るようになる(イメージ図2参照)。相手がこちらを意識している場合、濱口ヘルを撃ちにくく抑止力にもなりやすい。

CounterHellSearch.png
イメージ図1

CounterHellSearch2.png
イメージ図2

■逆に濱口ジャベ
 ヘルファイアを持たない有効火力がない雷皿などは、「濱口ヘル」を狙う敵へ逆に濱口ジャベを当てれば連鎖的にキルを狙える為、あえて濱口ヘルを意識させるという方法論も一般的。先に紹介した「戦闘区域理論」などはまさにコレに当たる。 
 氷皿や雷皿などは火力がないので、他に火力クラスがいる場合あえてスタンを狙わずに逆に濱口ジャベを狙った方が効果が高い場合が多い。

■逆に濱口ブレイズパワシュ
 弓の場合ジャベリンがない。しかし濱口ヘルを狙ってくるのは皿で、ヘルの硬直も長い。皿に対してはスカはかなりダメージも出せるのでコレを利用する。あえてヘルを撃つまで待ってpwを溜めれば、ブレイズ→ブレイズ→パワシュが比較的容易に決まるので逆にヘル並みのダメージを皿に叩き込める。


このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2009.01.21
| Comment(0) | TrackBack(0) | 全職一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。