sub.png

視点とレーダー

 また、すごい動画を見つけてしまったのでメモ。「視点とレーダー」というタイトルの僅か10分程度の動画ですが、非常に内容は濃いです。視点とか立ち位置って言うのはコンボとかそういうものとは違って中々理論的には扱いにくいんですが、この動画はかなりの明快さで難しい事をさらっと教えてくれます。

■【講習動画】No.02 歩兵講習 「視点とレーダー」【FEZ】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6436848

■個人的な所感
 内容は「戦闘区域理論」と被る部分もある。以前に書いたのでは「陣形の基本思想2」ともかなりの類似点があると思う。アプローチの仕方はそれぞれ画面の視界だったり、バッシュからの連携だったり立ち位置だったりするわけだけど、結果的には非常に類似した内容を違う視点で書き換えている感じになっているのは面白い。自分が「陣形の基本思想」を書いたときにはこの動画の存在を知らなかったのでまったく関連はないはずなんだけど、結果的には非常に似たような話になっている。
 続編が出来る可能性もあるらしいので、続編が出たらまた何か書くと思う。

クラスの特性
 FEZノートでも、クラス毎の立ち位置と特性みたいなのはまだ書いてないが、関連してそうなのでチラっと書いておくことに。クラス毎の視界の特性というのがあって、射程と視界の関係上、射程の短いヲリは短距離を移動されるだけで死角に回り込まれてしまう。一方射程が長い弓などは引いている分立ち回りで死角には回り込まれにくいという特性があってハイドサーチなんかと関係してくる。よくハイドサーチを弓に頼むという話がこう言う理屈だと思う。ただ、この辺は弓以外がハイドサーチをしなくて良いという意味ではまったくなくて、弓が見つけたら暴いておく程度のものと考えたほうがいいと思う。ハイドにやられるのはやはり当人の問題が大きいからだ。

サイドの攻防
 また、現在のFEZは基本的にサイドが有効なのでサイドが若干厚くなるラインをとることが多い。そういう場合の片手の持つ視点吸着力みたいなものを使う動きや、片手の押し圧力を使う方法論、レイスの闇を使った敵のコントロール、短スカが壁沿いにサイドを進入して敵サイドの橋頭堡を潰すとか、後、これは書いたけどジャベを使って若干中央よりからサイドを優位に抑えるやり方とか、端の攻防にも色々ある。それらしいやり方がある程度はあるので、そういうのも動画とか見つけたら紹介したいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2009.03.30
| Comment(0) | TrackBack(0) | 全職一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック