o449Nma6n.png

FEZの生放送

■リアルタイムで放送
 ネットラジオの話を書いたついでに、色々紹介してみる。ネットラジオ以外にもFEZの放送はインターネットで多数されていて、過去のプレイ動画を見るだけでなく現在プレーしている様子をインターネットで放送している場所が複数あるので紹介。

■FEZの放送をしている所
ニコ生
http://live.nicovideo.jp/

Justin.tv
http://www.justin.tv/

USTREAM
http://www.ustream.tv/

Stickam JAPAN!
http://www.stickam.jp/

PeerCast
http://www.peercast.org/

Livetube
http://livetube.cc/

■個人的に知ってる程度の適当な解説

ニコニコ生放送
 アカウント登録が必要。登録さえしてしまえば非常に簡単に見れる。アカウント作成、視聴は無料。放送できるのは有料のアカウントのみ。FEZの放送も常にされていて人も多いので活気がある。画質などは悪い(最近FMEに対応してust並みの画質にはなった)。高画質を目指すとラグが比較的大きい。放送枠が30分の為戦争をするたびに放送を新規に取得したりしなければいけない。

Justin.tv
 海外の動画配信サイト。海外ではustreamより人気が出てきているという話。PeerCastほどではないが、ニコ生やustreamより高画質で、アカウント登録すれば放送も基本的には無料。アーカイブ機能で放送したものが録画されていく為、動画サイトの様にもなる。海外のサイトだが一応日本語化されている。難点は日本での知名度が低い点と、若干放送にラグがある点。

USTREAM
 登録すら必要なく、画質もそこそこ綺麗。アカウント登録すれば放送も無料でできる。放送時間も制限はなく、無料で使える。ただし人が少ない。人が来ないので、他の放送をしている裏でUSTREAM使って放送している場合が多い。公式ページが英語なので若干分かりにくい。

ステカム
 USTREAMとほとんど大差はないが、表記は日本語でされてる程度の違い。視聴者は非常に少ない。元々のサイトの作りが身内で喋る感じを意図しているようなので若干そういう意味では他の配信サイトとは毛色が違う。

PeerCast
 他の配信と違いP2Pで放送をする。そのため画質が非常に綺麗。PSの高い人の動きなどを観察するのには向いている。ただし、ソフトをインストールしなければならない為敷居は高い。ソフトはオープンソースで開発されており放送も知識さえあれば誰でもできる。複数のFEZの放送がされているが、視聴者は固定されておりあまり多くはない。新規放送は人が集まりにくい。jp のページが消滅しているようなのでトップページの英語ページから。

Livetube
 日本語で使えてFEZの放送者も時々いる。画質はかなり良く、カクつきも少ない。無料で使える。視聴だけならインストール、アカウントの登録も不要。放送するにはアカウント登録が必要。放送時間枠や時間の制限もない。視聴者はあまり多くはないが、全くいないわけではない。他のFEZ放送などからも流れてくることがある。PeerCastよりは設定も簡単。実況などのリアルタイムの放送だけでなく普通の動画サイトとしても使える。

■生放送の利点
 放送している人と一緒に同じ戦場に入ってプレーできる。上手い人のプレイを見てやり方を覚えられる。自分の鯖以外の鯖の様子が簡単に見れる。質問なども比較的気軽に出来てリアルタイムで話せる。


このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2010.03.03
| Comment(0) | TrackBack(0) | リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129532748

この記事へのトラックバック