sub.png

ある片手の回顧録


ほぼフィクションですが、一部実話がまぎれています。その時のことは今でも良く覚えていて、SNSの日記にも書いてある。片手をはじめたばかりの私はこう書いていた「私もあんな片手になりたい」と。
部隊化の流れは止めようも無いけれど、知らない他人とうまく協力できた時が、このゲームをやっていて最も楽しい瞬間であることに変わりはないと、今でも思っている。
http://zoome.jp/sonia/diary/54/

 ソニア=テイルさんの動画なのでSNS等はそちらを参照

 今では大分存在感が減った片手だが、片手の存在感が大きかった時代の経験があればこの動画の意味も伝わりやすいかと思う。

■続編 〜AnotherSide〜

前作では多くの反響をいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。今回は前作と同じ時間軸。「彼」目線のお話。新職追加やスキル修正などで、プレイ環境は変化していきますが、このゲームの良いところはそれは別次元にも存在します。
前を行くもの、後から追うもの。その関係性こそが、このゲーム最大の魅力。最後に、撮影その他に協力してくれたすべての人に感謝。
http://zoome.jp/sonia/diary/59/
 最近、続編?というかセットになる動画も作られたので合わせて紹介。 このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2009.11.16
| Comment(0) | TrackBack(0) | FEZのネタ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック