sub.png

コラム的なもの:初心者の為のアドバイス(生き残る編)

■前書き

 去年くらいにSNSで書いていた個人的に思った初心者向けの内容(あくまで個人的に思った事なので役に立たないかもしれないが)。時期的にも新規の人が増えているようでtwitterとかもにぎわっていたので何となく張り付けてみる。

■書かれている内容

 PCダメージが出ない理由とかキルが取れない理由ってのは別にあるけど、今回はまず、どうやって死にまくる状態を脱出するかというあたりに重点を置いて書いた。長いので予習が好きな人向け、理論派向け。頭の片隅に入れたら忘れてしまって、アドバイス部分だけを意識して訓練。

■初心者の人は右下に意識がない

 初心者の人の動きを見ると典型的なパターンで下記のような例がある。

 1.HPが見れていない
 2.状態異常のアイコンを見てない
 3.リジェなどの回復が切れたのに気付いてない
 4.詠唱が切れたのに気付かない
 5.エンダーが切れ(ry
 6.pwが切れて攻撃できない

 つまり、これらの状態が意味することは、右下を見ていないか、右下を見ることが意外と難しいということ。HPも回復もエンダーもどれも致命的にな要因になりえるので、実に初歩的なことだけど大事だと思う。その全ての情報がほとんど右下に集約されている。

 アドバイス1.右下をチラチラ見る意識を持って訓練しよう!

■初心者の人は自分がどこにいるのか分っていない

 1.左上のマップが見れてない
 2.マップを見ても囲まれているのに気付かない
 3.囲まれているとしぬ事に気付かない
 4.画面を左右に振らない
 5.画面の敵の位置が意味することが理解できてない

 ひとつは周りを見る癖がない事が大きな問題だけど、一生懸命意識して周りを見ても多分死ぬ。つまり、マップ見てても死んじゃう。慣れてると想像が付きにくいが、見てるのに死ぬ。その理由は観察して気づいたが、周りの状況が何を意味してるのか良く分かってないという盲点。まずは、囲まれたら死ぬという感覚がない。移動速度が敵も自分も同じなので囲まれかけたら逃げるのが難しいという意識も大事。囲まれかけたら既に逃げるのが難しい。

 アドバイス2.敵の位置を意識しよう。孤立したら死にます!*

*方法は画面を振るか、拡大マップを使うかの2択から好みの方法を選ぶと良いと思う。

■初心者の人はどうして孤立しているのか分かっていない

 画面を振って周りを確認しても、それでも初心者さんは直ぐ孤立して死ぬ。何故か?どうして自分が孤立するのか分っていないから。例えば、画面上で味方と大差ない位置にいるように見える。だから孤立してないと考える。実際にはギリギリ孤立しない程度の位置。そこで敵のジャベやバッシュ。味方は下がり孤立。死亡。味方が見捨てたネガネガという流れが頻発する。

 アドバイス3.アイスジャベリンやバッシュには特別注意しよう。動きを止められると孤立しやすい

 氷にされる前は孤立状態じゃないかもしれない。しかし、押されている場合は、凍結したら孤立状態になっていて死ぬ率が高い。つまり、危険な状態というのは、既に孤立してしまっている状態だけではなく、これから孤立してしまう可能性が高い状態も同じく危険。

■初心者の人はどうしてバッシュされるのか分かっていない

 スタンや氷にされると死に安いと気付いても初心者さんは、孤立して多分バッシュされる。何故か?それはどうしてバッシュされるのか分かっていないから。
 まず、バッシュされる原因のかなりの部分が氷状態にある。つまり、ジャベリンを被弾しないようにしないとバッシュ防げない。特に劣勢時にはジャベバッシュがもっとも危険な攻撃だと分かっていないので、画面を見た時に情報が読み取れない。敵を見たら見るべき敵の優先順位がある。ついつい、突撃してくる両手や弓による粘着などに視線が行ってしまいがちだけど、弓とかにちょっと打たれたくらいでは死なない。逆にそこに目線を奪われてると死ぬ。見なければいけないのは、敵の片手、敵の皿。この2つを一番先に見よう!コツは、画面の中に片手がいないかな?と思うのではなく、むしろ、画面をグリグリ振り回して、敵皿、敵片手が自分の周り360度にいないか探り当てるイメージ。ハイドサーチじゃないけど、皿片手サーチをする。

 アドバイス4.敵片手と、氷皿の位置を一番先に確認しよう!

■初心者の人はどうして敵の攻撃に当たるか分かっていない

 ここまで書いた内容だけでも相当死亡率は下がると思うが、それでも多分初心者さんはジャベを被弾する。何故か?それは、どういう時に被弾するか分かってないから。自分の回避が上手く行かない程度に思っている。実際には回避が下手なのではない。敵は攻撃を当てやすいタイミングで攻撃する。攻撃を当てやすいタイミングというのは、FEZにはほぼ1つしかなく、硬直している時と限られている。そして硬直するタイミングもFEZには3つしかない。

 1、ジャンプ
 2、ステップ
 3、スキル硬直

 つまり、敵は初心者さんがステップするか、スキルを使うの待って、硬直した所を見てから攻撃しているわけ。だから簡単に攻撃が当たる。ステップは意識する人も多いが、盲点となるのは攻撃する時の硬直。つい攻撃対象に目が行き、硬直する危険を忘れる。少し慣れた段階では、攻撃する時が最も被弾を注意する時といえる。まあジャンプはいうまでもない。*

 アドバイス5.硬直してもいいか安全確認して硬直する

*ジャンプはびっくりするほど危険:少しやればジャンプが危ないのは直ぐ分るので余りやる人はいないと思うが、経験が少ない初心者さんの中にはジャンプなどもしてしまう人もいる。ジャンプは硬直が長く着地点を予測されやすい致命的に危険な行動。

■初心者の人は、致命的な攻撃とどうでもいい攻撃を区別していない

 最後に一歩進んだ考え方を一応書いておく。多分、上記の孤立を避けれるようになったとしてもまだ初心者さんは死ぬ。つまり、孤立してなくても死ぬ。
 FEZには必殺といかないまでも、必至のスキルというのはある。死ぬわけじゃないが、次は必ず死に至るという攻撃。そして、必至のスキルを認識するのがFEZで生き残るために重要になる。
 例えば、HP満タンからアローレインで死ぬ人は少ない。しかし、何か違う攻撃で大幅にHPが削られてアローレインでキルを取られる人はいる。つまり、ラストアタックは色々な要因があるが、ラストアタックに繋がる決定打の必至の攻撃というのが凄く大きい影響力があるということ。そしてその決定打の数は意外と多くはない。

 1.パニッシングストライク(短剣スカウト)
 2.ソードランページ(大剣ウォーリア)
 3.ヘビースマッシュ(両手、大剣ウォーリア)
 4.ヘルファイア(火ソーサラ)
 5.各種ブレイク(短剣スカウト)
 6.ドラゴンテイル(両手ウォーリア)
 7.フィニッシュスラスト(フェンサー)

 上記のスキルの場合、孤立しなかったとしても、動きを間違えるとHPをごっそり奪われて、その後は遠距離攻撃で仕留められてしまいやすい。つまり孤立してないときは範囲攻撃などでダメージを大きく奪うスキルとブレイクを注意する。ただし、これらの多くは見てから避けることができる。例えばドラテで飛び込んでくる敵を見てステップすれば全部回避できる。ランペも発動前の溜めている時に逃げればかなり確率で射程外へ逃げれる。ハイドサーチをしていれば射程の短いパニやブレイクはそう簡単には入れれない。
 もう少し具体的に。これは、敵味方が簡単に孤立しない状況。つまり、こう着状態の時こそ影響が大きい。密集した戦線では範囲攻撃による効果が大きいからだ。膠着状態ではレイン避ける事も大事だが、大剣のランペ突撃や短スカのブレイクにより警戒する。孤立していない状態ならば、上で書いたのとは逆にバッシュされたり氷になっても敵は追撃しにくく、味方のサポート次第で意外と生き残れる。自分が前線の中にいて、前線も大きく動かない状況ならば、ジャベリンやバッシュよりも、ハイドやランペに繋がるカレスのほうが警戒順位が高くなる。

 アドバイス6.膠着している時には大ダメージスキルとブレイクに注意する

 初心者の人はスキルを覚えていない傾向が強いし、沢山のスキルを全部直ぐに覚えるのは難しい。だから先に書いたジャベとバッシュ以外では、この7つを覚える。全部足しても10もないので、これくらいは意識して欲しい。実際には、フィニを打つ為にペネをしてくるのでペネを知らないとフィニは防ぎにくいし、ストスマを知らないとヘビスマも防ぎにくい。そういう問題はあるので、徐々に意識する数を増やす必要があるが、初めは少ないスキルを意識した方が一度に色々気にするより練習効果が高い。

■無意識のうちにチェックしてしまうように

 上に書いた程度のことでも、慣れないと考えないと出来ない。でも、これを無意識のうちにチェックしてしまえるようにする。それくらいまで慣れる。上に書いた一連のパターンの動作を頭じゃなくて体で覚えるようなイメージ。始めに細かいことは忘れてしまっていいと書いたのもその関係。初めの内は意識しないと上手くできないが徐々に無意識に出来るようになる。そうしたら忘れてしまっていい。後は、考えないで感じる。HPを意識してみなくても、自分のHPが減っているなと感じてしまうようになるまで慣れる。

 アドバイス7.考えなくても出来るようになるまで慣れよう!

■後書き

 攻撃の当て方とかそういう部分についてもSNSにはもう少し書いたが、移動の仕方とかそういうのもこういうレベルである程度の指針というのはあるし、それが出来ていないというのは動画とかを見たらすぐわかったりもする。上手い人が上手い理由を探すのは難しい。自分が知らない方法を使っている事が多く見ても分からない。しかし、ある程度慣れた人が見て、下手な人が下手な理由を探すのはある程度分かる部分があると思う。近くにいる慣れている人に聞いたりする事にも意味がある。


タグ:初心者 FEZ
このエントリーをはてなブックマークに追加
posted by fezノート
2011.04.16
| Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。